副作用の内訳データ

バイアグラが日本で販売が開始された当時、バイアグラに関連した事故が報道されることが多くあったため、バイアグラは絶大な効果がみられる反面、副作用が怖いというイメージが強くなっています。

バイアグラは飲むべきではない人が飲むと命に係わる可能性がありますが、無理な飲み方をしなければ心配する必要はないとされています。

今では医師の処方が必要になっている治療薬ですので、医師の指導の下で正しく服用すれば安心して飲むことが出来ます。

それは販売が開始されてから10年以上が経過している現在でも世界110ヶ国で使用されていることからも証明されていると言っても良いでしょう。

Viagra(バイアグラ)の副作用に関しては医師の管理下で副作用が出たとしても一部の患者で、しかも一時的な軽い症状が出る程度だと言われています。

研究によると、医師の指導に従ってバイアグラを服用した人のうち副作用が発現したのは僅か4.85%ということだそうです。

その副作用の内容の内訳は、ほてりが2.54%、視覚障害が0.58%、頭痛が0.46%、そして動悸が0.46%となります。

安心して服用できるとは言え、数字は低いものの副作用が出る可能性が「0」ではないということがわかりますよね。

大きな副作用がある薬ではありませんが、医師の診断を受けて正しい処方で服用することが大切なのです。