バイアグラのようなED治療薬

バイアグラは、1990年代に狭心症の薬として開発されましたが狭心症の薬としての
効果はあまり期待でなかったのですが、勃起を促進する効果が発見されたため、
1998年に米国ファイザー社で販売が開始された世界初のED(勃起不全)治療薬です。

日本では1999年の発売開始しましたが、市販当初は、心臓突然死の原因薬剤との
嫌疑をかけられ、敬遠する人が多く悪いイメージがありました。

しかし、実際は重篤な副作用はなく、今では安全性を確認されており、全世界で広く処方、
服用されている最もメジャーなED治療薬です。

バイアグラは、アメリカでは100mgが存在しますが、日本では100mgは認可されませんでした。
その理由は日本人と外人の体格の違いや副作用が強く出るのではないかという
考えからだったようです。

バイアグラは性行為の1時間前に摂取する必要があります。
効果は1時間後ぐらいから出始めその後3〜4時間程効果が続きます。

しかし、食後の服用の場合は効果が得られません。その理由はバイアグラの成分が
食後の場合、うすまってしまい、効果が発揮されないのです。
なのでバイアグラは空腹時に摂取する必要があります。

血管を広げる作用がありますので、副作用が出ます。
頭痛や顔の火照り、鼻づまり、筋肉痛、視覚異常などが報告されている主な副作用で、
ほんの一部の方で薬が合わない場合に出るようです。

一般的にはあまり副作用は気にしなくてもいいと思います。